久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「超発明博覧会 幻想メカニックガイド」司史生、原聖

 18世紀から20世紀初頭までの時代に、フィクションの中で活躍した発明品や実際に作られた乗り物、考案された機械等を、イラストと共に紹介されています。海の乗り物に空の乗り物、車や戦車、月へのロケットやロボット等……ノーチラス号のような有名なものもあれば、カフカの小説に出てくる処刑装置のような変わったものも紹介されていたりします。
 ロマンを感じさせる発明品の数々は楽しいものなのですが……解説文にちょっと無用と思える突っ込みや、皮肉めいた表現があり、その点が気になってしまいました。また、編集上でのミスだと思うのですが、解説の文章が途中で途切れて消えてしまっているところもあったりして、そこも残念に思えました。

超発明博覧会 幻想メカニックガイド

超発明博覧会 幻想メカニックガイド