久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/本、アニメ、映画、ボードゲーム等の感想・レビュー

「ラブライブ!」第2期第3話「ユメノトビラ」

 A−RISEの3人がμ’sの前に現れた第2期第3話。今まではスクールアイドルの象徴的存在であり、主人公たちの目標や憧れであったA−RISE。その3人がちゃんとしたライバルとして穂乃果たちの前に現れたことで、お話が盛り上がってきましたし、今後の展開もより楽しみになってきました。
 A−RISEの3人が、嫌みなところのない真っ直ぐな性格の女の子たちで、非常に好感が持てるキャラクターだったのも良かったです。スクールアイドルとしての誇りを持つと同時に、その活動を楽しんでいることもちゃんと伝わってきて……彼女たちにも、μ’sとはまた違ったドラマがあったのだろうなぁと、いろいろ想像してしまいますね。A−RISEの過去のお話なんかも見てみたくなります。
 ライブシーンもとても素晴らしかったです。完成度の高いA−RISEのパフォーマンスと、発展途上でも明るく親しみの持てるμ’sのダンス。両グループの個性の違いまでちゃんと描写されているのが素晴らしいです。
 今後の展開がほんと楽しみです。

ユメノトビラ

ユメノトビラ