久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/本、アニメ、映画、ボードゲーム等の感想・レビュー

「亜人」第2期最終話

亜人」第2期最終回。
 自分たちの存在をアピールし、要人を殺害し、日本社会に衝撃を与え続ける「佐藤」たち。彼らとの戦いが描かれていた第2期。緊迫感のある展開が続き、毎回続きが気になる作品でした。決して死なない「亜人」の能力を最大限生かし、作戦をたてている「佐藤」は、ほんとに恐ろしい敵だったと思います。
 主人公の圭に関しては、最初は好感の持てないキャラクターだったのですが……終盤になって、なんとなくですが、彼の性格が分かったように思えてきました。頭が良く、合理的で非情な性格をしているように見せていても、結局は思春期の少年だったのではないかなぁと……そう思うようになってからは、好きとは言えなくても、嫌いなキャラクターではなくなっていましたね。
 最後まで面白い作品でした。
 原作コミックも読んでみたくなりますね。

亜人(1) (アフタヌーンKC)

亜人(1) (アフタヌーンKC)

 劇場版はテレビ版と比べてどのように編集されているのか……そちらもちょっと気になりますね。