久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」

 テレビ放映されたものを視聴。「ワイルド・スピード」シリーズ第三弾。

 無謀運転等を繰り返した結果、母親からもう面倒見切れないと、日本にいる父親のもとへ送られてしまった主人公。慣れない日本で学生生活を送る中、裏社会と繋がりのあるグループと関わることになってしまうのだが……というお話。

 自分の居場所を見つけられなかった少年と少女が出会い、惹かれあっていく青春モノでもあったように思いました。

 ドリフトを多用したレースシーンは迫力があって良かったです。立体駐車場やカーブの多い山道でのレースなど、日本ならではといった感じのシーンがあったのもいいですね。

 娯楽作品として、楽しい映画でした。