久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「ナショナルエコノミー」ソロプレイ

 ワーカープレイスメントのカードゲーム。ソロプレイもできるということで、遊んでみました。

 場に並んだ公共職場のカードや、自分が建てた建物のカードに自身の労働者を配置し、そのカードの効果を利用して労働者を増やしたり、新たな建物を建てたり、金銭を得たりしていきます。最終ラウンド終了後、自分が所有する建物の資産と、労働者に賃金を支払った後に残った金銭等を合計し、その勝利点がもっとも高かったプレイヤーが勝者となります。尚、ソロプレイでは、勝利の目標点は100点となります。

 面白いけれどすごく難しいゲーム、という評判は聞いていましたが……実際に遊んでみると、確かに難しいゲームでした。ゲーム中に使用できるお金の量自体が、最初はほんとに少ないので、そのお金の量を増やすためにも、また労働者に賃金を支払うためにも、自身の建物を売却する必要がどうしてもあって……そのため、せっかく建てた建物を手放さなければいけないことが何度もありました。

 多くの作業をするためにはそれだけ労働者が必要となりますが……労働者を増やしすぎれば支払わなければいけない賃金もそれだけ増えてしまい……賃金を支払うためにまた建物を売却しなければいけなくなって……最初から最後まで、常に厳しいやりくりを迫られるゲームでした。

 ほんとに難しいゲーム。結局最初のプレイでは、目標点の半分にも届かない結果となってしまいましたが……でも非常に面白く、次のプレイこそはと、また挑戦したくなってくるゲームでした。

 評判通り面白いゲームでした。