久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「ひぐらしのなく頃に卒」

ひぐらしのなく頃に」テレビ新シリーズ。「ひぐらしのなく頃に業」の解答編であり、一応完結編のようですね。ネタバレがありますので、まだ見ていない方はご注意下さい。

 梨花と同じ「繰り返す者」になった沙都子が、自分の理想の世界を手に入れるために起こしてきた惨劇。「ひぐらしのなく頃に業」で沙都子が行ってきたことを描き……沙都子と真実に気づいた梨花がぶつかりあい、もうずっと一緒にはいられないこと、お互い相容れない部分があることを認め合うまでが描かれていました。

 幼さが抜け切れていなかった二人の成長と、雛見沢からの卒業のお話だったのでしょうけれど……あれだけの惨劇を起こしてきた沙都子が、その自身の行いの報いを何も受けていないような感じに見えてしまい、どうにもすっきりしない終わり方になってしまったように思えてしまいました。最後のエピソードが、今までのお話を受け止められるだけのものになっていないというか……心が弱っていたところを超常的な存在に付け込まれたとはいえ、多くの人間を苦しめてきたことは事実なわけで、そのことについて償おうとする展開が欲しかったですね。「繰り返す者」としての沙都子と人間の沙都子は、完全に同じ存在ではないと思えるような描写もありましたが……描き方にもう一工夫欲しいとも思ってしまいました。

 不満点もありましたが……毎週続きが気になる展開にはなっていて、最後までお話としては楽しめました。昔好きだったキャラクターたちの新しい物語が見られたのも嬉しかったです。