久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「悪役令嬢転生おじさん」第2巻

 乙女ゲームの悪役令嬢に転生してしまったおじさん、屯田林憲三郎(52歳、妻子有り)。ゲームの物語は進み、パートナーとなるビーストを召喚した彼(彼女?)は、そのビーストの特異性から、魔法模範演習の出場者に指名されてしまうことになる。一方、現代日本にいる憲三郎の妻と娘は、事故で昏睡状態になった彼の意識がゲーム世界の悪役令嬢の中にいることに気づくのだが……といった展開。
 主人公がゲームの世界のキャラクターに転生する異世界モノはたくさんありますが……主人公の意識がゲームの中にあることが明確に描写される作品は、ちょっと珍しい感じがしますね。他の異世界モノの作品は、その異世界がゲームと同じ設定を持ち、同じキャラクターが登場していても、現実世界とは別に存在する独立した異世界として描写されていることが多いように思えますので。現実世界の主人公の関係者が登場し、積極的に主人公に関わろうとするのも独特で……他の作品とは違う、本作ならではの特徴になっているように思いました。
 ゲーム内のキャラクターに対してついつい親目線で接してしまい、好感度を上げていってしまう主人公の振る舞いが変わらず面白い。主人公の言動や、現実世界にいる妻子の振る舞いから、主人公がほんとに人の好いおじさんであったことがよくわかり……彼がゲーム内のキャラクターたちに慕われていくのも納得できますね。
 次巻も楽しみです。

 

 

 余談ですが……私も四十路を超えたおじさんなので、キャラクターの名前を覚えられないという点に共感してしまったりも。覚えられないというか、ほんとに出てこなくなるんですよね……。