久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「坂本ですが?」第4巻

 クールでスタイリッシュな高校生、坂本と、彼に関わる生徒たちの姿を描いた学園コメディ。最終巻。
 いつも完璧にかっこよく振る舞う坂本。そんな彼と対等な友人として付き合えていないと感じた不良少年は、その弱さを先輩に付け込まれてしまうことになるのだが……といった感じの展開。
 シュールでナンセンス、誇張された振る舞いや出来事の数々が、大真面目にかっこよく描かれていて……そのギャップが楽しい作品でした。
 坂本の大げさで時に突飛にも思える言動は、コミックを読んでいる側からすればもちろんギャグなのですが……それを作品内で茶化したりはせず、きちんとシリアスに描いているのが良かったですね。作中の人物たちにとっては、坂本は本当にかっこよい人間で、彼と関わることで学園生活をより楽しみ、成長していったりもする、そういう点を真面目に描いているのがほんとに良かったと思います。
 ナンセンスなギャグ漫画ですが、人情劇や青春物語として感情移入できるところもあり……最終話は結構感動してしまいました。
 楽しい作品でした。