久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/本、アニメ、映画、ボードゲーム等の感想・レビュー

「少年魔法士」第19巻

 最終巻。

 人王アーク、カルノ、イブキ……人の枠を超えてしまった異能者たちの対話と選択。そして続いていく世界と人の生命……といった感じの展開。

 特殊な力を持ってしまった少年たちが、様々な衝突と葛藤、彷徨の末に、それでも自分自身を受け入れ、迷いながらも人間として生きていくことを決めるまでの物語……だったのかなぁと思いました。

 どう感想を書けばいいのか悩んでしまうところもあり……ただ、長い物語の果てに、少年たちが一つの区切りを迎えられたことは良かったなぁと思ったりもしました。

 何はともあれ……お疲れ様でした。