久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「ジャンヌ・ダルク」

 テレビ放映されたものを視聴。
 リュック・ベッソン監督、ミラ・ジョボヴィッチ主演。ジャンヌ・ダルクを題材にした作品。
 英雄のお話ではなく、自分自身の信仰心に翻弄された少女の物語だったように思います。前半の戦場よりも、終盤の捕まってからの方に重きが置かれていましたしね。自分自身、もしくは神との対話のような描写も繰り返されていましたし。
 私は宗教に疎いせいか……ちょっとぴんとこないところもありました。キリスト教徒の方が見ると、また違った感想があるのでしょうか?

ジャンヌ・ダルク [DVD]

ジャンヌ・ダルク [DVD]