久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「スターマイン・ラミー ポケット」ソロプレイ

 花火の打ち上げを題材にした二人用カードゲーム。数字が書かれた花火のカードを使って役を作り、それを場に配置して、その点数を競い合うといった感じのゲームです。ソロプレイルールもあるということなので、遊んでみました。以下の説明・感想は、ソロプレイルールのものになります。
 数字の1から7までが書かれた四色、合計二十八枚の花火カードと、トランプのジョーカーのように数字・色を自由に決められるブーストカード一枚……全部で二十九枚のカードをソロプレイでは使用します。
 花火カードをシャッフルして、そこから引いた三枚のカードとブーストカードが最初の手札、残りは山札とします。手番は、山札から引いたカードを廃棄札エリア、もしくはオープン札エリアに置くフェーズと……手札を補充するか、もしくは役を作った花火カード一組を場に置くか、どちらかのアクションを一回行うフェーズの二つで構成されています。
 最初のフェーズでは、まず山札からカードを一枚引き、それをゲームから廃棄するか、後に手札に加えることもできるオープン札にするか決めてそのエリアに置き……続けてもう一枚カードを引き、一枚目を廃棄札エリアに置いたのならオープン札エリアに、オープン札エリアに置いたのなら廃棄札エリアにそのカードを置きます。
 続けて行うアクションフェーズでは……手札を補充する際は、手札を一枚廃棄札エリアに置き、山札もしくはオープン札エリアから、あわせて二枚のカードを引いて手札に加えます。花火カードを場に置いた際は、使用したカードと同じ枚数だけ、山札もしくはオープン札エリアからカードを引いて手札を補充することになります。
 花火カードで作れる役は……同じ数字のカード二枚で作る「ペア」、同じ数字のカード三枚で作る「3カード」、同じ色のカード三枚で数字が続く状態にする「シーケンス」……の三種類。それぞれ得点が違い、「ペア」が一番低く、「シーケンス」が一番高得点となっています。ブーストカードはジョーカーのように好きな数字・色のカードとして使うことができますが、使用した場合、その組の点数から一点マイナスしなければなりません。また、花火カードは必ず役を作った一組の状態で場に置かなければならず、一度できた役にカードを付け加えたり、カードを移動させたりすることはできません。
 花火カードを場に置く際、難しいのは……場は「オープニング」「メイン」「フィナーレ」の三列に分かれており、必ず一番下の列からカードを置いていかなければいけないということ。そして、上の列の点数は必ず下の列の点数を超えていなければならず、また一度上の列にカードを置いたら、それより下の列にカードを置くことはできなくなってしまいます。このルールが守られなかった場合は失格となってしまいます。
 山札が尽きたところでゲーム終了。最後に、手札のカードで役ができていた場合は、一組だけ「フィナーレ」にそのカードを置き……得点計算に移ります。各列の役の点数を合計し、そこから各列の点数差によって決まるギャップペナルティを引いたものが最終得点となります。列の点数差が大きいと、そのギャップによって得点をマイナスされてしまうというのも難しいところですね。
 簡単なルールで気軽に遊べるカードゲームでした。気分転換に気楽に遊ぶのも良し、カードの役に悩みながら高得点を目指すのも良し、といった感じ。花火カードのデザインが非常に美しく、場にカードが並んでいくのを見るのも楽しかったです。プレイ時間が短めなので、繰り返し挑戦できるのも良いですね。何度か遊んでみて……今のところ、24点が最高点。一応「打ち上げ名人」です。
 ソロプレイは自分が作る役とそれを置いていく順番だけを考えればいいのですが……二人プレイだとルールが変わり、自分が捨てたカードを相手が取得して使うこともあるので……自分の手札と既に場に出ているカードから、相手が欲しがりそうなカードを予測して捨てるタイミングを考えるなど、そういった駆け引きも必要になってくるように思えました。ソロプレイとは結構プレイ感が変わりそうですし……いつか二人用ルールでも遊んでみたいですね。

 

「イナフ」

 テレビ放映されたものを視聴。
 ドラマのような理想的な出会いを経て、優しい夫と可愛い子供、幸せな生活を手に入れたはずの主人公。だがある日、夫は平気で浮気をし、妻には暴力をふるって支配しようとする悍ましい本性を露わにする。自分と子供の身を守るために、友人たちの協力を得て夫のもとから逃げ出した主人公だったが、夫が彼女たちを見逃すことはなく……といった感じのお話。
 暴力的で半ば異常とも言える夫からの逃亡、そして対決が描かれた物語。カードは凍結されてお金も無く、怪しげな追っ手にも狙われ、子供を連れて身を隠しながら各地を転々とする状況。法も主人公の味方にはならず……追い詰められた彼女は、夫との関係を断ち切るために最後の手段に出るわけですが……ちょっと強引というか、無理やりな展開に思えてしまいました。何というか、説得力が感じられないというか……。
 法の平等が、却って弱者にとっては不利なものとなってしまうこともある……そういった現実の問題は確かにあるので、その辺をもう少し上手く描いて欲しかったなぁと思ったりもしました。

 

 

「やくならマグカップも 二番窯」

「やくならマグカップも」第二期。
 番組前半は、陶芸部の少女たちの物語が描かれ……後半は、声優さんたちによるアニメの舞台である多治見市観光や、陶芸体験の様子が映されていました。前半アニメ、後半声優バラエティ企画という、ちょっと変わった構成。
 陶芸部で活動する四人の少女たちの日常と成長、物を作るということの難しさと楽しさが真面目に、でも楽しく描かれているアニメでした。
 陶芸についての知識はまったく無かったので……アニメと企画を通して、陶芸の世界の一端を見ることが出来たのも良かったです。一度体験してみたいなぁと思ったりもしました。
 楽しい作品でした。

 

 

「あまんちゅ!」第9巻

あまんちゅ!」第9巻。季節は冬から春の卒業シーズンへ。
 ぴかりの風邪の誕生日や、ボートダイビングの話などの小エピソードも収録されていますが……メインは、愛とピーター、そして真斗先生の関係を描いたお話。時間を越えて、夢の世界で触れ合った三人。ピーターの正体が語られ、そして一つの幻想が終わりを迎える物語。ファンタジックなラブロマンスであり、少女の淡い恋と成長のお話でもありましたね。
 現代日本を舞台にしていますが、ファンタジー要素もある「あまんちゅ!」、その中でも本当にファンタジー色の強い巻だったように思いました。

 

 

「ギャング・イン・ニューヨーク」

 テレビ放映されたものを視聴。
 マフィアのボス、ジョン・ゴッティ。彼の一生と家族の物語。実在する人物を題材にした作品みたいですね。
 人の命が簡単に失われていく裏社会。その中で権力争いを勝ち抜き、一度は頂点に上り詰めながらも……因果の報いを受けるように地位を失い、収監されてしまうジョン・ゴッティ。最後は病に侵され、更には司法取引によって裏社会から抜けようとする息子と接することになり……それでも裏社会の人間として、ある種の矜持を守ったまま世を去った彼ですが……まぁ、そういう生き方しかできない人だったのでしょうね……。
 全体的に展開が駆け足気味というか……ちょっとダイジェストっぽく、描写不足の点も多いように思ってしまったりもしました。少し物足りない感じ。

 

 

「白い砂のアクアトープ」

 P.A.WORKSのお仕事アニメ第四弾。今度は沖縄の水族館を舞台にした物語。一応ネタバレがありますので、まだ見ていない方はご注意下さい。
 アイドルをやめ、失意のまま古郷から逃げるように沖縄へと流れついた少女、宮沢風花。彼女はそこで、閉館間際の「がまがま水族館」を守ろうとする少女、海咲野くくると出会う。住み込みで水族館で働かせてもらうことになった風花は、くくるに協力し、水族館を共に守ろうとする。だが、閉館の日は確実に迫ってきていた……といった感じのお話。
 夢を失った少女と親を亡くした少女が出会い、互いに影響を与え合いながら、新しい夢と居場所を手に入れていく……少女たちの魂の再生の物語でした。
 二人の少女が主人公となっていますが……風花の方は、アイドルとして一度働く経験を得ているためもあってか、自分の気持ちを冷静に見つめ、整理し立ち直るのも割と早い感じで……親を亡くし、自分の心を守るよりどころとして「がまがま水族館」を必要としていたくくるの成長を描くことの方に、より重きを置いているようにも思えました。水族館を守るために奮闘し、でも守り切れずに水族館を失うという喪失を味わい……新しい水族館で悩み苦しみながらも、いろいろな人間と共に働くことを学び、自分の仕事にちゃんと向き合うようになっていく。両親を失ったことで、心を整理しきれないまま中途半端に成長してしまった少女が、改めて出会いと喪失、それに再会を経験することで、ちゃんと大人として成長しなおしていくというお話だったのだと思います。
 水族館で働く人々の群像劇の側面もあって……それぞれ夢や事情を抱えた人たちが働く姿が、丁寧に、時にユニークに描かれていました。
 描き方がちょっと現実的すぎて、全体的に地味な感じになってしまっているというか……アニメらしい「嘘」が少ないため、ドラマとして盛り上がりに欠ける点もあったようにも思いますが……でも良い作品だったと思います。
 2クール、楽しかったです。

 

 

 1クール目のOPの歌と映像は、個人的にすごく好きでした。

 

 

「ファミリア」(第2版)ソロプレイ

 フリードマン・フリーゼ、デザインの、マフィアの構成員勧誘を題材にした二人用カードゲーム。より得点の高い構成員のカードを多く取得し、合計点が高かった方が勝者というゲームです。仮想敵であるロボット相手のソロプレイもできるということで、遊んでみました。
 構成員のカードは0から4までのランクがあり、四つのファミリーにわかれています。各ファミリーのランク0のカードを一枚ずつ、合計四枚のカードを両者最初の手札とし、シャッフルした山札から場に六枚のカードを並べたら、準備完了。基本的にはこの場に並んだカードを、手札のカードを組み合わせて取得していくことになります。また、自分の前の空間は「組事務所」とし、手札から使用したカードを置く場所とします。
 構成員カードはファミリーごとに特殊効果・特徴があり……「仕切屋(アカウンタンツ)」、手札と「組事務所」のカードを交換する。「愚連隊(ブルーツ)」、場札一枚のランクを手番が終了するまでマイナスする。「傭兵団(マーシナリーズ)」、他のファミリーのカードと組み合わせて使用できる。「名門(ファミリア)」、特殊効果は無いが他のファミリーよりも得点が高い……となっています。
 自分の手番は……1、場にランク0のカードが無く、取得したいカードも無い場合、場札を捨てることで山札のカードを新たに場に並べる。2、望むなら手札の「仕切屋(アカウンタンツ)」のカードを一枚「組事務所」に置き、その効果を使用する。3、望むなら手札の「愚連隊(ブルーツ)」のカードを一枚「組事務所」に置き、その効果を使用する。4、手札のカードを使用し、場札を一枚取得する……の順番で進みます。
 場に並んだカードを取得する際は、ランク0のカードは無条件で手札に加えられますが……ランク1以上のカードについては、取得しようとするカードと同じファミリーで、そのランクが一つ下のカードが二枚必要となります。手札からその二枚のカードを自分の前に出し、場のカードを手札に加えた後、一枚は手札に戻し、もう一枚は「組事務所」に置いておかなれけばなりません。
 場のカードを一枚取得するか、パスをしたら相手の手番となり……二回山札が尽きて、すべてのカードが場に並ぶか、各プレイヤーの持ち札になるかしたらゲーム終了。手札と「組事務所」のカードすべての得点を合計して比べ……より得点が高かった方が勝者となります。
 簡単そうに見えて……やってみると非常に難しいゲームでした。効果を使用したり、場札を取得した後に「組事務所」に置かれたカードは、「仕切屋(アカウンタンツ)」の効果を使用する以外では手札に戻ることがないというのがまず難しいところ。漫然と場のカードを取得するだけでは、すぐに何も出来なくなってしまいます。場札のカードを取得するためにもランク0のカードは必要ですが、ランク0は「名門(ファミリア)」以外は得点も0なので、そればかり集めていては得点も低いまま終わってしまう。各ファミリーの効果を活用して、ランクが上のカードをより多く確実に集めていく必要があり……非常に考えさせられる、難しいゲームでした。ソロプレイの仮想敵であるロボットは、プレイヤーとは違うプログラムにより、手番で必ず場のカードを一枚取得できるため……ほんと、あっという間に欲しいカードを取られてしまい……勝つのは容易ではありませんでした。何度も挑戦していますが……今のところ、「レベル1・プレイヤー先攻」で一勝しただけです。ほんと強敵。
 難しくも非常に面白いゲームでした。準備は簡単で、慣れてくると割とスムーズに遊べるので……繰り返し挑戦できるのも良いですね。次は「レベル1・プレイヤー後攻」で勝利できるよう、頑張りたいところです。