久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/本、アニメ、映画、ボードゲーム等の感想・レビュー

「ニムト」”バッファローを倒せ”ソロプレイ

「ニムト」30周年記念版に同梱されている追加ルール。プレイヤー全員で協力し、NPCであるバッファローと対決する、といった感じのゲームです。ソロプレイもできるということなので、遊んでみました。

 協力ゲームとなる”バッファローを倒せ”のルールは、ほぼ基本ルールと同じもの。

 手札はプレイヤー、NPCバッファロー、皆10枚ずつ。残ったカードから4枚のカードを引いて場に縦に並べて、四つの列を作れるようにします。ゲームが始まったら、プレイヤーは手札から1枚のカード選んで場に出し、バッファローは自身の山札の一番上をめくって場に出します。場に新しく出されたカードの、数字の小さいカードから順番に基本ルールの処理……各列の数字が大きい順になるよう、各列の最後のカードに最も近い数字のカードを配置して並べる。各列の最後のカードよりも小さい数字のカードの場合、どれか一列を選んで引き取り、そのカードを新しい列の始めとする。各列に置けるカードは最大5枚まで、6枚目が置かれた場合はその列の5枚のカードを引き取らなければならない……を行います。

 10枚の手札が無くなったところでゲーム終了。カードに描かれている牛のマークを数えて合計し、プレイヤー側とNPCとで比べて、プレイヤー側の方が牛のマークの合計が少なければ、プレイヤー側の勝利。NPCの方が合計数が少なければ、NPCの勝ちとなります。

 基本ルールと違っているところは、複数人で遊ぶ場合は、特殊な効果を持つスペシャルカードをプレイヤーは使用できるということ。列を選んで新しいカードをそこに配置できなくしたり、処理するカードの順番を変えたりする等の特殊効果があります。

 ソロプレイで遊んでみて……ソロプレイではカードの総枚数が少ないので、簡単かなと思ったのですが……意外に難しかったです。もう置けないだろうと思っていた列がいつまでも残ったかと思ったら、安全だと思っていた列がダメになってカードを引き取らされたり。ソロプレイではスペシャルカードが使えず、また最後のマーク計算時にプレイヤーのマイナス点を倍にしなければいけなかったりもするので、NPCに勝つのも容易ではありませんでした。何度か遊び、勝率は半々といったところです。

 カード運に左右されるところもありますが……そのままならないところが楽しい感じでした。短時間で1プレイが終わるので、繰り返し遊べるところも良いところだと思います。

「ニムト」は先日の友人たちとのゲーム会で遊んだばかりですが、この協力ルールでもまた遊んでみたいですね。

 

「Fate/strange Fake -Whispers of Dawn-」

Fate」シリーズの新作アニメ。

 異国の都市で行われる、偽り(?)の聖杯戦争の物語……そのプロローグ的な作品でした。

 マスターもサーヴァントも、いつも以上に個性的というか、癖の強い面々がそろっているような感じで……どのような戦いが繰り広げられるのか、非常に続きが気になりますね。

 テレビシリーズの制作が決まっているみたいですので……放送を楽しみに待ちたいと思います。

 

「つっこみ力」

反社会学講座」で有名なパオロ・マッツァリーノさんの本。自分にとっての正しさに拘る批評・批判の限界について語られた本。

 メディアリテラシーの大切さをいくら説いても、自分の正しさを押し付けるかのような批評・批判は無力であること等について、ユーモアたっぷりに語られています。

 内容のすべてに納得できたわけではありませんが……社会問題との向き合い方や、データの取り扱い、それに自身の批評・批判のやり方について、改めて考える一助になりました。

 

 

「コミティア147」

 本日、行ってきました。会場は「東京ビッグサイト」東1・2・3ホールで、11時から16時まで。同人誌即売会に一般参加で足を運ぶのは、本当に久しぶりのことになりますね。

 会場に着いたのは13時頃。お目当てのサークルさんの同人誌を購入してから、サークル参加されていた友人のもとへ挨拶に行き。それから会場を少しゆっくり見て回って、以前から気になっていたサークルさんや、偶然目にとまった本、久しぶりに伺ったサークルさんの同人誌等を購入したりして。やっぱりイベント会場だと、財布のひもは緩んでしまいますね。予定よりも多く、いろいろ買ってしまいました。

 最後にまた友人のところへ挨拶に行き……少し早く15時頃、会場を後にしました。

 久々の同人誌即売会の一般参加でしたが、やっぱりイベントはすごく楽しいですね。いろんな本やグッズ等が並び、大勢の参加者が行き交うあの雰囲気がすごく好きです。

 感染症対策等もあり、長くイベント参加は自粛していましたが……また少しずつ、いろいろな活動を再開していけたらとも思っています。

 

「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」

 テレビ放映されたものを視聴。「ハングオーバー!」シリーズ第二作。

 仲間の一人の結婚式のため、海外に行くことになった悪友たち。友人たちと軽くビールを一本だけ、のはずが……翌日、また記憶を失って目を覚ます羽目になってしまう。しかも、またも行方がわからなくなってしまった人がいて……といった感じのお話。

 ちょっと下品でブラックな要素もある、男たちのドタバタ喜劇。少しずつ状況が明らかとなっていき、かと思えば予想外の方向に転がっていったりもする……男たちの東奔西走ぶりが楽しい作品でした。落ちのつけ方も良かったです。

 男性向けの作品であり、下品な要素等苦手な人もいるとは思いますが……個人的には非常に楽しめました。

 

 

「おまもりひまり」第9巻

 お色気多めの伝奇アクション、第9巻。

 主要キャラの立ち位置を整理し、対決へ、といった感じの展開。

 サービスシーンやコミカルな描写も多いですが、展開自体は結構シリアス。

 戦いが始まったところで、次巻へ。

 

 

2月17日に

 2月17日は、友人たちとのゲーム会でした。テーブルトークRPGをプレイし、その後の空いた時間で軽めのカードゲーム等を遊ぶという流れ。以下、遊んだゲームについて、軽く感想を。

「メタリックガーディアンRPG」……友人のGMで。リアル系やスーパー系等、いろいろな戦闘ロボットが登場するロボットテーマのTRPG。陰謀に巻き込まれその身を狙われる少年、半ば翻弄されながら事態に対峙する軍人たち、そして少年は謎のロボットに乗り込むことになってしまい……という、ロボットアニメの第1話のようなお話でした。アニメに出てくるキャラクターのようなロールプレイができるのが楽しい。ロボットそれぞれに特徴があり、その性能を活かしながら戦えるのも面白いですね。初めて遊ぶシステムということもあり、慣れるまで時間がかかってしまったところもありましたが、楽しかったです。

「ゲット★スイートラブ」……女の子のカードに様々な属性カードをつけていき、得点の高い理想の女の子に告白して彼女を作ろう、といった感じのゲーム。ただし、属性カードの特徴はプラスだけでなくマイナスもあり、属性カードの半分は彼女になるまで伏せられているというのが悩ましいところ。属性カードによってとんでもない特徴を持った彼女が出来てしまうのが面白く……勝ち負けを競うというよりは、その結果を見て皆で楽しむ感じのパーティーゲームだと思いました。手軽に遊べる感じなのも良かったです。

「ニムト」……定番のカードゲームですが、ちゃんと遊ぶのは今回が初めてだったりします。マイナス点となる牛のマークが描かれたカードを、自分はなるべく引き取らず、他のプレイヤーに押しつけていくことを目指す感じの数字並べゲーム。一列に置けるカードは五枚まで、六枚目となるカードを出してしまったプレイヤーはその列に置かれていた五枚のカードを引き取らなければならなくなってしまうため、そうならないようカードを選んで出すわけですが……他のプレイヤーが出したカードによって、安全だと思っていた列がいきなりダメになってしまったり、逆にダメだろうと覚悟していたカードが安全に置けるようになったりと、思いも寄らない展開になっていくのが面白い。初めて遊んだということもあり、結構戸惑う感じもあったりしましたが……慣れてくると、もっと面白く思えるようになるのでしょうね。

「トリックパーティ」……ハロウィンテーマのトリックテイキング。マストフォロー・切り札あり、というところは普通のトリックテイキングですが、カードの数字の強さが逆転する「革命」の効果を持ったカードがあるのがちょっと変わっているところ。また、トリックの勝者は得点カードを貰い、その合計点が高いプレイヤーが勝者となるのですが、得点カードはプラスだけではなくマイナスもあったり、最後の得点カードはゲームオーバーとなる「DEATH」のカードだったりするのも変わっているところですね。そういった変わっている特徴もありますが、ルール自体はわかりやすいので、手軽に遊べるトリックテイキングだと思いました。カードのデザインも可愛い。

 以上……4ゲーム。楽しいゲーム会でした。