久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「ザ・ネゴシエーター ~人質交渉人~」

 人質救出のための交渉人、ネゴシエーターを題材にしたソロプレイ専用のボードゲーム。先日、ちょっと遊んでみました。

 ゲームの準備として……まず、人質の数や犯人の感情等を管理するための状況ボードを場に置き、その周囲に、犯人カード1枚と共犯者カード、犯人カードにあわせてその「要求カード:主目的」と「要求カード:逃走手段」を用意します。状況ボードの上には、犯人カードに書かれた各数値にあわせて、人質コマをその数だけ監禁場所のマスに、感情マーカーを感情レベル表のその数値の上に置きます。交渉人の会話ポイントマーカーは、最初は会話ポイント表の「0」のところに置いておきます。次に、イベントカードをシャッフルしてそこから10枚を山札として場に置き、危機的状況カードをシャッフルしてそこから1枚を山札の底にセットしておきます。残りのイベントカード、危機的状況カードは使用しないので、箱に戻します。交渉人が使用する会話カードを、その種類と手に入れるためのコストにあわせて、場の入手可能エリアに並べて置き……コスト0の会話カードは最初の手札として取ります。交渉ロールで使うダイスと、あまった人質コマを状況ボードの側に用意して……準備完了となります。

 手番は、説得フェイズ、計画フェイズ、イベントフェイズの順番で行っていきます。

 説得フェイズでは、手札の会話カードを自由に使用して、犯人と交渉することになります。会話カードの使い方は三つ……プレイエリアに置き、専用ダイスを振る交渉ロールを行ってその結果に従う。裏向きにして会話カードの捨て札置き場に置き、会話カードを手に入れるための会話ポイント表の数値を上昇させる。交渉ロールで失敗の「4」の目が出た際、2枚を捨て札にしてその目を成功に変える……となります。

 会話カードには様々な種類があり、交渉ロールで成功の目を出したダイスの数により、犯人の感情レベル表の数値を下げる、犯人の要求カードをオープンにする、会話ポイント表の数値を上昇させる、等の効果を得ることができます。より強力な会話カードには、人質の解放や交渉ロールで振るダイス数の増加、更には犯人の射殺等の効果があります。ただし、交渉ロールで失敗した場合は、会話カードの種類によって、犯人の感情レベル表の数値が上昇したり、説得フェイズが強制的に終了させられたりする等のペナルティを得ることになります。交渉ロールで振ることのできるダイスの数は、犯人の感情レベル表の数値によって決まります。感情レベル表の数値が最大値までいってしまうと、交渉ロールで振ることのできるダイスの数は減ってしまい……また最大値になっている段階で更に感情レベル表の数値が増えるペナルティが起きた場合は、その数だけ人質が殺害されてしまうことになります。逆に、感情レベル表の数値が下がると、交渉ロールで振ることのできるダイスの数が増え……また最小値になっている段階で更に感情レベル表の数値を下げることができた場合は、その数だけ人質は解放され、監禁場所に既に人質コマが無くなっている場合は、犯人を投降させることができます。

 説得フェイズを終えたら、次の計画フェイズに移ります。計画フェイズでは、説得フェイズで上昇させた会話ポイント表の数値でコストを支払い、入手可能エリアに並んでいる会話カードを手札に加えます。会話カードの入手が終わったら、会話ポイント表の数値を「0」にしてリセットし、その手番で使用した(プレイエリアもしくは捨て札置き場に置かれている)会話カードを入手可能エリアに種類ごとに並べます。その手番で使用した会話カードは、同じ手番でまた入手する、手札に戻すことはできないということです。

 計画フェイズを終えたら、イベントフェイズへと移り……イベントカードの山札から1枚を取り、その効果に従います。イベントカードは、人質が解放されるなどの有利な効果もまれにありますが、たいていは人質が殺害されたり、犯人の感情レベル表の数値が上昇するなどのマイナスの効果となっています。

 イベントフェイズを終えたら次の手番へと移り……勝利条件を満たすか、もしくは敗北となる状態になった時点でゲーム終了となります。

 勝利するには……監禁場所に人質コマが置かれていない、半数以上の人質コマが避難場所に置かれている、犯人を拘束もしくは射殺する、のすべて条件を満たす必要があります。人質コマが監禁場所に残っている状態で犯人を射殺してしまうと、共犯者カードの効果に従わなければならなくなったりもするので……まずは人質をしっかり救出することが大事ですね。

 敗北となる状態は……半数を超える人質コマが「死亡した人質マス」に置かれている、犯人が逃走する、イベントフェイズでイベントカードを引くことができなくなる、のどれか一つでもその状態になった時点でゲームオーバーとなります。ゲームで使用するイベントカードは、危機的状況カードを加えて11枚なので……プレイヤーが行動できる手番は基本的に12回。それまでに勝利条件を満たす必要があるわけですね。

 遊んでみたところ……難易度は少し高めの、やり応えのあるゲームであり……犯人との厳しい交渉を疑似体験できるかのようなゲームでもありました。最初は効果の弱い会話カードを使い、犯人をなだめたり、要求を聞き出したりして……より強い効果の会話カードを手に入れた後、人質を解放させたり、犯人を強く説得したりする。一度使用した会話カードは入手可能エリアに戻り、手札に加えるためにはまたコストを支払って入手する必要があるので、強い説得ばかりを続けることはできず……控えめな交渉と強気の交渉を繰り返しながら、徐々に事態を進めていくのも実際の交渉らしい感じのように思えました。

 交渉ロールの結果はダイスの出目次第なので、そこは運の要素もあるのですが……ままならないダイスの目が、不安定な精神の犯人との難しい交渉を表しているかのようでもありました。会話カードの組み合わせ、使い方により、ダイスの振り直しや、失敗の「4」の出目を成功に変えることもできるので、ダイス運だけですべてが決まるというわけでもなく……運と戦略のバランスが良いゲームだとも思いました。難易度は高いけれど、ギリギリ理不尽に感じないバランス。

 ルールを確認しながら遊んだ最初の1、2回は、やはり何をすればいいのかもわからない感じで……人質の大半が殺害されてしまったり、何もできないままイベントカードが尽きてゲームオーバーとなってしまったりもしましたね。会話カードの効果を把握し、勝利条件を満たすためにはどう進めていけばいいのかが朧気ながらわかってくるに連れて、救出できる人質の数も増えていき……数回のプレイで、どうにかゲームクリアできました。それでも、数人の人質は殺害されてしまい、イベントカードは最後の危機的状況カードが引かれ、もう次の手番は無いという、正にギリギリの状態でのクリアでしたが。最後の交渉ロールでダイスを振るときは、ほんとに祈るような気持ちでした。

 ゲームで用意されている犯人カードは3枚。最初に挑んだ犯人と違って、残りの2枚にはそれぞれ特殊条件があるみたいなので……また近いうちに、挑戦してみたいと思います。

 

 

「SPY×FAMILY」

 東西二国の戦争を防ぐため、「黄昏」のコードネームを持つスパイに与えられた任務。それは敵国の政治家に近づくため、敵地で疑似家族を作り、子供を名門学校へ入学させるというものだった。そのために「黄昏」が現地で用意した偽物の子供と妻。だがその二人にも、それぞれ隠された裏の顔があって……といった感じのお話。
 父はスパイ、母は殺し屋、そして子供は超能力者……裏の顔を隠した偽りの家族が、それでも互いを気遣いながら、少しずつ家族らしくなっていく様がコミカルに描かれているお話でした。スパイとしての志が高く情に厚い父、殺し屋としての凶暴性を秘めながらも偽物の夫と子を気遣う母、超能力で二人の正体を知りながらも子供ながらに疑似家族を維持しようとする娘……表の顔と裏の正体のギャップも楽しく、偽りだらけでも彼らなりに家族を維持しようとする振る舞いが微笑ましくも温かかったです。娘のアーニャの子供らしい言動も可愛く楽しかったですね。
 昔のスパイ映画……スパイにロマンがあった時代の映画を思い出させるようなところもあり、それもまた懐かしくも楽しかったです。
 家族三人の日常を描いたお話で一区切り。続きの放送が楽しみですね。

 

 

「天王寺さんはボドゲがしたい」第3巻

 女子高生ボードゲームコミック、第3巻。クラスメートの天王寺ユリアを一方的にライバルのように思っている南森ゆき。ユリアと対等に勝負し、そして勝ちたいと思って始めたボードゲームだったが……気が付けばゆきは、ボードゲーム自体の魅力に引き込まれていた。そして一緒にゲームをするうちに、ユリアとの距離も縮まっていくのだが、でもゆきはどこか素直になれなくて……といった感じの展開。
 真剣にゲームを遊ぶことによる楽しさ、そして負けて悔しくても面白かったと思えるボードゲームの魅力。ボードゲーム好きとして共感できるところが多く、読んでいてとても楽しいコミックでした。他のプレイヤーと駆け引きしながら、資源を集め得点を競う本格的なボードゲームもあれば、ダイスの出目に一喜一憂するのが楽しいゲームもあり……一口にボードゲームと言っても、本当にいろいろな種類があることが改めて分かったりもしました。
 ライバルのように思っているクラスメートに対して、複雑な気持ちを抱いている少女の成長譚という側面もあり……主人公が部活を通して知らなかった世界と出会い、人間関係も広がっていく様子が描かれているのが、部活青春ものらしくてとても良かったです。表情豊かな女の子たちのやり取り、ボードゲームを楽しむ様子も可愛い。
 楽しいコミックでした。

 

 

「ウイルスは生物をどう変えたか 進化の演出者・ウイルスの世界を探る」

 ウイルスと共に進化してきた生物とその遺伝子の話。
 語り口は易しく、イメージを助けるイラストや写真も豊富で、とても読みやすい本でした。
 生命の進化、生物が自身の遺伝子を次の世代へ伝えていくということについて、考えさせられるところもありました。

 

 

「このヒーラー、めんどくさい」

 最弱戦士アルヴィンと、性格に難有りのめんどくさいヒーラーのカーラ。ひょんなことからパーティを組むことになった二人の冒険を描いた、ファンタジーギャグアニメ。
 常に一言多く厄介な性格をしているヒーラーのカーラと、彼女の言動に突っ込みを入れる戦士アルヴィン、二人のやり取りが楽しいアニメでした。冒険で彼らが出会うモンスターたちもユニークで面白く……とぼけた冒険の様子も楽しい。
 気楽に見られるギャグアニメとして、とても楽しかったです。アニメの続編も、是非制作して欲しいですね。

 

 

「ドリフターズ」第6巻

 漂流者たちと黒王軍の決戦。巨人や竜など、強力なモンスターたちの軍勢に苦しめられながらも、必死の抗戦を続ける漂流者たち。だが黒王軍の策略により、漂流者たちは窮地に立たされることになるのだが……といった感じの展開。
 迫力ある合戦、アクションシーンが堪能できる第6巻でした。個性的なキャラクターたちの戦いぶり、台詞や描写の一つ一つがとにかくかっこいい。死地に向かう豊久とドワーフたちの姿とか、ほんとに……一つの戦いのクライマックスに相応しい、大迫力の戦いぶりでした。
 歴史上の偉人や英雄たちの戦い……現実の彼らのエピソードや史実を知っているだけに、物語の中での彼らの振る舞いや言動もまた強く印象に残るものでした。織田信長明智光秀のやり取り、土方歳三新撰組への思い……キャラクターの見せ方、演出がほんとに上手いなぁと改めて思ったりもしました。
 とても面白かったです。

 

 

「ペンパ全集 推理パズル1」

 90年代末頃に発売されていた「推理パズル」本を再録したものとのこと。先日、本屋で偶然手に取って……面白そうだったので購入。少し挑戦してみました。

 文章を読み、表の当てはまるものには○、当てはまらないものには×の印をつけていき、問いの答えを導き出すことを目指すペンシルパズル。例えば、A~Dさんの4人がそれぞれ何の果物を買い、その値段は何円だったかを当てるのが問題だったとして……文章でAさんが買ったのはリンゴだと書かれていたら、表のAさんとリンゴのマスには○をつけ、Aさんの列の他の果物のマス、及びリンゴの列の他の人物のマスには×をつけていきます。文章でBさんは500円の果物を買ったと書かれていたら、同じように表のBさんと500円のマスには○をつけ、Bさんのそれ以外の値段のマスや、500円の列の他の人物のマスには×をつけていく……といった感じです。このように文章を読み解いて表のマスを埋めていき、マスにつけた印から他のマスの内容を導き出したりもして……問いの答えを当てるゲームです。

 簡単そうに思えて、挑戦してみるとなかなか難しいパズルゲームでした。冒頭の例題でも書かれていましたが……表に間違った印をつけてしまうと、その後の推理もどんどん間違った方向に進んでいってしまうので……慌てずちゃんと考え、間違いのないところから確実に表を埋めていくのが大事なパズルですね。

 表のマスが埋まっていき、徐々に答えに近づいていくのが気持ちよく……悩んだ末に解答を導き出せたときはとても爽快でした。時間をかけたのに答えが間違っていて、残念な気持ちになったりするときもありますけどね……。

 ペンシルパズルは今まであまりやったことがなかったのですが……改めて本屋の棚を見ると、クロスワード以外にもいろいろなパズルがあるものなのですね。他のパズルにも、挑戦してみたくなってきます。