久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「終わりのセラフ 第2クール 名古屋決戦編」最終話

終わりのセラフ」第2クールも最終回。あくまで一区切り、といった感じでしたが。
 人間と吸血鬼の戦いを描いた物語。吸血鬼が本当に強力な存在で、それに対抗するための力にはリスクが多く……と、結構私の好きな設定のお話でした。
 過酷な世界、裏で進行しているらしい陰謀。吸血鬼たちも一枚岩ではなく、今後更に事態は混迷していきそうな感じで……続きが気になるところで、最終回となってしまいました。
 アニメの続きの製作、お願いしたいですね。