久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

8月18日に

 8月18日は、友人たちとのアナログゲーム会でした。秋葉原のいつものお店でプレイ。
「レタラ」……友人が制作した、オリジナルファンタジーテーブルトークRPG。その第二版のテストプレイでした。GMは制作者の友人で、プレイヤーは三人。戦士、僧侶、魔術師で、私は魔術師を務めました。客船ごと異空間にとりこまれてしまったPCたち。他の乗客や船員は白骨化し、あるいは姿を消し……不気味な世界に閉じ込められてしまったPCたちは、いったい何が起きたのか、そしてここから脱出するにはどうすればいいのかを調べ始める……といったシナリオでした。ちょっと不気味な雰囲気のお話で、手探りで状況を調べていく感じが面白かったですね。調査の過程で見落としがあったり、一度考えが固まってしまうと、別の可能性を考えられなくなってしまったり……プレイヤーとしては反省点が多かったりも。システム上、最高レベルのキャラクターでのプレイということで、強力な魔法をばんばん使えたのは気持ちよかったです。最高レベルのキャラクターで遊ぶということは、ファンタジーTRPGではなかなかありませんからね。
「サメウミサバイバル(仮)」……私が制作しているカードゲームのテストプレイ。海上でのサバイバルサスペンス映画を題材にしたゲームです。海上を漂流する羽目になった人たちが、生還、もしくは生き残りを賭けて、騙しあいをしていく……といった感じのゲーム。自分が作っているゲームなのに、ルール説明をうまくできなかったのが反省点。しかも敗北してしまいました……残念。ゲーム自体は、一応ちゃんと遊べる感じになっていたので……完成目指して、頑張りたいところです。
 次回ゲーム会は11月予定。定期的に友人たちとゲームをする機会がもてるというのは、本当に有り難いことだなぁと思ったりもしました。次回もよろしくお願いします。

ゆるキャン△~どこでもテント張り! ~

ゆるキャン△~どこでもテント張り! ~

干物妹! うまるちゃんR ~うまるーん神経衰弱ゲーム~

干物妹! うまるちゃんR ~うまるーん神経衰弱ゲーム~

 持っていったものの、時間が足りずに遊べなかったゲーム。「ゆるキャン△〜どこでもテント張り!〜」は、帰宅後またソロプレイでチャレンジ。カードの種類と総枚数を考えながら、慎重に進めた結果……無事クリアできました。次はみんなで挑戦したいですね。