久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「ギャシュリークラムのちびっ子たち または遠出のあとで」エドワード・ゴーリー

 先日展覧会に行ったときに購入。ちゃんと通して見たのは今回が初めてです。
 アルファベットの名前順に、子供たちの悲惨な最期が淡々と描かれていきます。
 独特のブラックユーモアみたいなものが感じられる、大人向けの絵本。残酷で悪趣味ではあるのでしょうけど……でも不思議と、嫌な気持ちになったりはしないんですよね。つい繰り返し見てしまったりも。ほんとに不思議な感じです。
 他の絵本も読んでみたくなりますね。

ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで

ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで