久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE」

 先日、グランドシネマサンシャインで見てきました。「ONE PIECE」の劇場版アニメ。

 海賊たちが集まる海賊万博、そこで開催された海賊王のお宝争奪戦に参加したルフィたち。だが宝を目の前にしたところで、突然、海賊王の部下だった男、ダグラス・バレットが乱入してくる。圧倒的な力を見せつけるバレットに対して、ルフィたちはどうするのか……というお話。

 全編アクションとバトルが続くど派手な展開で、活劇として非常に面白い作品でした。個性豊かなキャラクターたちが次々に登場し、画面狭しと大暴れしていく展開が本当に楽しい。クライマックスの熱さも少年漫画ならではのもので、すごく良かったです。

 長く「ONE PIECE」の原作を読み続けてきた人にとっては、本当に楽しいお祭り映画だったのだろうなぁと思ったりもしました。原作コミックを読んでいないことを、ちょっと後悔したりも。

 本当に楽しい作品でした。