久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」

ジョジョの奇妙な冒険」第5部のアニメも、遂に最終回を迎えましたね。

 ユニークでコメディっぽい要素もあった第4部と違い……第5部は裏社会の組織内抗争が題材ということもあって、常に緊迫感のある戦いが描かれていましたね。容赦のない命の奪い合い。その過酷な戦いの中、最後まで自分たちの信念を貫き通したジョルノやブチャラティたちが本当にかっこよく見えました。

 スタンドによる戦い……その能力に襲われたときの不気味な雰囲気と緊迫感、ピンチの中その正体を見極め、そして危機を脱して敵を倒す……その描写も秀逸で、毎回見応えがありました。

 ほんと、理想のアニメ化といった感じで、最後まで楽しめました。原作の面白さを思い出したりもしましたね。第6部以降も、是非アニメ化してほしいです。

 

 

 そう言えば……「恥知らずのパープルヘイズ」は読んでいないんですよね。これを機会に、読んでみたいです。