久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「あまんちゅ!」第6巻

 2学期開始。部活の備品についてのお話、体力測定、海での新しい出会い、文化祭前夜の不思議なお話、それとちょっとしたアクシデントの小エピソード……等の第6巻でした。

 個人的なお気に入りは、姉ちゃん先輩が巻き込まれてしまう、文化祭前夜の出来事。少し怖さも感じてしまうファンタジー描写が、天野こずえさんは本当に上手いなぁと思わされました。文化祭前夜のお話を読むと、自分が学生だった頃のことを思い出したりもしますね。いつもと違った雰囲気の学校で、友人たちと共に賑やかに騒ぎながらお祭りの準備をする楽しさ、そしてその終わりが近づいてしまうことの寂しさ……あの空気は、青春時代だけに味わえる特別なものだよなぁと思ったりもしました。

 ぴかりのピンチを描いた最後の小エピソードは、気楽に読める楽しいお話でした。乙女にとっては笑えない大変なピンチでしたけれどね。