久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

銃と魔法

 本棚の整理中、川崎康宏さんの「銃と魔法」を見つけたので、つい読み返してしまいました。エルフやドワーフの刑事が活躍する、アメリカ刑事ドラマ風の物語。コミカルな語り口で、でも結構ハードなお話でもあって……すごく好きな小説でした。
 2巻までしか出なかったのがすごく残念。当時の友人たちの間でも、評判は良かったのですけどね。

銃と魔法 (富士見ファンタジア文庫)

銃と魔法 (富士見ファンタジア文庫)