久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「第43回イエサブゲーム体験会 in 秋葉原」

 昨日、「イエローサブマリン秋葉原RPGショップ」で開かれていたゲーム体験会に参加してきました。今回遊ばせて貰ったゲームは三つ。
「サモンスケート」(遊学芸):協力型のボードゲーム。敵について調べる前半部と、実際に戦う後半部の2パート性のゲームらしいのですが、今回は後半の戦闘パートのみの体験プレイでした。自分のキャラクターを動かしてボードにルーン文字等を描き、必要な力を召喚・発動させることで敵と戦うわけですが……他のプレイヤーとぶつからないように動くのがなかなか難しい。描きかけの文字が、敵の攻撃でダメになってしまうときもあったりしましたし。最後の方でようやくこつが掴め、他のプレイヤーと上手く連携できたときは気持ちよかったですね。協力プレイの醍醐味。いつか、前半部からちゃんと遊んでみたいですね。
「ジャンドイッチ」(しのうじょう):以前のゲーム体験会で遊んだことがあったので、今回実は2回目のプレイでした。サンドイッチがテーマのカードゲーム。カードで役を作って高得点を目指すわけですが、他のプレイヤーが捨てたカードを買うことができるのが、他とはちょっと違うところでしょうか。捨てたカードで役を作られてしまうと、やっぱりちょっと悔しいですね。イラストがキレイなので、遊んでいるとサンドイッチを食べたくなってきたりもします。
「ハコオンナ」(EJIN研究所):昨年から話題となっているホラーボードゲームです。一応友人と遊んだことはあるのですが、せっかくなので参加させて貰いました。私は序盤から、物音トークンを崩してしまったり、めくるチップの大半がハコオンナの力を解放する手記だったりと、他のプレイヤーの足を引っ張り続けてしまったような……ルール理解不足による失敗もありましたしね。申し訳ない。ホラー映画だったら、慌てて騒ぎまくった挙げ句、事態を悪化させて死ぬタイプの役ですね……次遊ぶ機会があったら、もうちょっと落ち着いて行動するよう心掛けたいです。