久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」「ブレンダンとケルズの秘密」

 アイルランド神話を題材にしたアニメーション作品。友人に勧められていたこともあり……9月22日、キネカ大森の二本立て上映で見てきました。
「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」は、幼い少年の成長譚であり、現代の妖精譚でもあるお話。母を失い、残された妹につらく当たっていた幼い兄が、妹の力や、この世界で眠り続ける妖精・精霊たちの秘密を知る冒険を通して成長し、また別れと悲しみを受け入れていく姿を描いた物語です。キャラクターデザインは可愛らしく、でもしっかりとしたファンタジー作品でした。
「ブレンダンとケルズの秘密」は、「ケルズの書」誕生の秘密を描いたお話。バイキングの襲撃から身を守るため、高い壁を築こうとする修道院の人々。そこで暮らす少年ブレンダンは、書物を描く仕事に関わることになるのだが……という物語です。少年の抑えきれない好奇心や欲求、それにある種の業のようなものが描かれているお話のようにも思えました。「ケルズの書」に関することを、改めて調べてみたくもなりますね。
 どちらも良い作品でした。今回見ることができて良かったです。特に「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」は、大人はもちろん、子供でも楽しめるファンタジー作品だと思いますので……機会がありましたら、是非見て欲しいですね。

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた [Blu-ray]

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた [Blu-ray]

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた [DVD]

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた [DVD]

ブレンダンとケルズの秘密 【Blu-ray】

ブレンダンとケルズの秘密 【Blu-ray】

ブレンダンとケルズの秘密 【DVD】

ブレンダンとケルズの秘密 【DVD】