久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「アンダーカヴァー」

 テレビ放映されたものを視聴。
 警察官の父と兄を持つ主人公は、麻薬取引の捜査への協力を求められる。捜査の対象となる人物は、主人公が取り仕切っているクラブの客であり、そのクラブのオーナーの甥でもある男。兄が襲撃を受け、父の身も危険にさらされていることを知った主人公は、捜査へ協力することを決意するのだが……といった感じのお話。
 潜入捜査を題材にした作品はたくさんありますが……潜入捜査後の報復と、それに抵抗する主人公の姿がお話の中心になっている作品はちょっと珍しい気がしますね。自分や恋人、家族の命が狙われ、精神的に追い詰められていってしまう主人公。マフィアに立ち向かう決意を固め、多くのものを失いながらも、新しい道へと進んでいく主人公の姿が、重く切なく描かれていました。
 全体的にちょっと地味な感じはありますが……重苦しい雰囲気の描き方は良かったと思います。