久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「KING SUPERLIVE2015」

 日曜日、行ってきました。会場はさいたまスーパーアリーナ。開場14時、開演16時。終演時刻は21時半頃でした。
 キングレコード主催の超豪華なライブ。非常に大勢の声優さんやアーティストの方々が参加されていました。
 出演者は、angela上坂すみれさん、every・ing!、奥井雅美さん、小倉唯さん、陰陽座カスタマイZ、かなでももこさん、喜多村英梨さん、小松未可子さん、佐藤聡美さん、高橋洋子さん、田村ゆかりさん、林原めぐみさん、保志総一朗さん、堀江由衣さん、松澤由美さん、水樹奈々さん、宮野真守さん、森口博子さん、ゆいかおり米倉千尋さん……ほんとに豪華ですね。大御所から若手まで、まさにオールスターといった感じです。
 一曲一曲、いろいろ語りたくなってしまうのですが……特に印象に残った曲などについて、以下軽く感想を。
 四十歳間近の中年オタクとしては……90年代の名曲の数々が聞けたのがほんと嬉しかったです。高橋洋子さんの「残酷な天使のテーゼ」や米倉千尋さんの「嵐の中で輝いて」、奥井雅美さんの「輪舞−revolution」や松澤由美さんの「YOU GET BURNING」、それになんと言っても林原めぐみさんの「Give a reason」。まさかライブで聞ける日がくるとは思いませんでしたからね。
 田村ゆかりさんや堀江由衣さん、水樹奈々さんはさすがのパフォーマンスでした。皆さん、もうベテランの方ですものね。
 every・ing!やゆいかおり上坂すみれさんなど、若手の子たちは元気いっぱいといった感じで、見ていてとても楽しかったです。
 宮野真守さんのパフォーマンスを見たのは今回が初めてだったのですが……ほんとに格好いいですね。女性客が歓声を上げる気持ちもわかります。
 終盤のコラボ企画、それに出演者全員での「Get along」もすごく良かったです。コラボ企画で、田村ゆかりさんと堀江由衣さんが一緒に歌っているところが何回かあったのですが……その度に観客の皆、喜びすぎです。いや、私もはしゃいでしまいましたけれどね。
 約5時間半のライブ。長い時間のライブだったのに……あっという間に終わってしまった感じでした。ほんとに、夢のような時間でしたね。