久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「無彩限のファントム・ワールド」最終話

 京都アニメーション製作の伝奇アクションコメディ、最終回。「ファントム」によって起きる騒動と、それを解決する少年少女たちを描いた物語。
 コミカルで明るい雰囲気の作品。少しシリアスなエピソードもありましたが……下らない事件が起き、それを大騒ぎしながら解決するお話の方が面白かったように思います。もっと徹頭徹尾、お馬鹿なお話でも良かったのではないでしょうか?

 ブルーレイ最終巻に収録される新作エピソードは、ほんとにバカバカしいお話になりそうなので、それはちょっと楽しみにしています。