久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「メガトン級ムサシ」

 地球を侵略し、大勢の地球人の命を奪った敵「ドラクター」。彼らによって地球は滅びに瀕し、辛うじて生き残った人々はドーム型の都市の中で、偽りの記憶と共に生きていた。そんな中、世界の真実を知ることになった少年少女たちは、巨大ロボットに乗り込み、「ドラクター」の軍勢に立ち向かうことになるのだが……といった感じのお話。
 タイトル通り、ごつい巨大ロボットの派手な戦いが描かれる、王道の巨大ロボットアニメでした。様々な兵器、数々の技……次々に出てくるそれらの描写も迫力があって楽しい。
 設定は結構シビアな感じで……その絶体絶命の状況に立ち向かう人類というテーマが熱くて燃えますね。
 楽しい作品でした。第二期が放送されたら、是非見たいですね。