久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「グリムシャッフル」ソロプレイ

 童話のキャラクターを題材にした、神経衰弱+パズルゲーム。ソロプレイもできるということで、遊んでみました。

 手番の時に与えられる行動ポイントを消費して、場に並んだ山札の一番上のカードをめくったり、上下左右の山札の位置を入れ替えたりして……童話のキャラクターが描かれている場のカードの位置を、得点となるカードに描かれている場所と同じになるように移動させていくことを目指します。それに成功したら、その得点カードを取得することができ……ゲーム終了までに、高得点となるよう多くのカードを集めることを目指すことになります。

 ソロプレイでは、得点となるカードの取得自体はそれほど難しくないように思えました。手軽に遊べるパズルゲームといった感じで、気分転換に遊ぶにはちょうど良いゲームですね。

 複数人で遊んだ場合……他のプレイヤーへの妨害も可能ですし、盤面を変えていくことによる駆け引きも生まれてくる感じなので、プレイ感覚は結構変わりそうに思えました。いつか、ちゃんと複数人で遊んでみたいですね。