久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

「クイックショット!」ソロプレイ

 カナイセイジさんデザインのカードゲーム。四ラウンド終了時までに他のプレイヤーをすべて脱落させるか、もしくは最終ラウンドでもっとも強い数字のカードを出して勝利することを目指す感じのゲームです。NPC相手のソロプレイもできるということで、遊んでみました。

 1から8までの数字が書かれ、数字ごとにそれぞれ特殊効果を持っているカードが五枚ずつ、合計四十枚。それをシャッフルして、一人五枚ずつ配り、四枚を場に置いて、残りはゲームでは使用しないので脇に置いておきます。次いで、適当な方法で最初の「ゲームメイカー」を選び、そのプレイヤーは「ゲームメイカー」のカードを受け取ります。これで準備完了となります。

 各ラウンドは……1.「ゲームメイカー」のカードを持っているプレイヤーは、場のカードを一枚引いて手札に加える。2.「ゲームメイカー」は手札からカードを一枚、表にして場に出す。3.他のプレイヤーは、手札からカードを一枚選んで、裏のまま場に出す。4.場に出されたカードを全部表にする。同じ数字のカードが場に出されていた場合は、それらのカードは裏にする。5.表になっているカードの特殊効果を、数字が小さいカードから順番に処理していく。特殊効果によって脱落が決まったプレイヤーは、その時点でゲームオーバーとなる。6.生き残ったプレイヤーの表になっているカードの数字を比べ、最も強い数字のカードのプレイヤーがそのラウンドの勝者となる。勝者となったプレイヤーは「ゲームメイカー」のカードを受け取り、次のラウンドへ移る……という流れになっています。

 一ゲームは全四ラウンド。他のプレイヤーが全員脱落するか、もしくは最後の四ラウンド終了時に「ゲームメイカー」のカードを受け取ることができれば、勝者となります。ゲームを何度か繰り返し、最初に二回勝利したプレイヤーがチャンピオンとなります。

 ゲームの最低人数は五人からで、参加人数が満たない場合は、その分NPCを加えることになります。ソロプレイの場合は、四人のNPCを相手にすることになりますね。NPCも普通のプレイヤーと同様にカードを配り、場に出すカードを選択する際は、裏のまま適当に選ぶことになります。

 気軽に駆け引きと心理戦を楽しめるカードゲームですね。「ゲームメイカー」が出したカードを基準に、他のプレイヤーが出すカードを予想し、どう立ち回るかを考えていくゲーム。最後のラウンドで「ゲームメイカー」のカードを手に入れることができれば勝者となれるので、全ラウンドで勝利する必要はなく……それまでにどうカードを使っていくのかを考えるのが楽しい。強いカードで最後の勝利を目指すのか、それとも他のプレイヤーを脱落させることを目指すのか。NPC相手のソロプレイでは、運の要素の方が強く、本来のプレイで味わえる駆け引きや心理戦の楽しさはありませんでしたが……場に出されたカードや脱落したNPCのカードから、残っているカードの内容を予想し、勝利を目指してカードを出していく楽しさを味わうことはできました。狙い通りに特殊効果が働いて、一気にNPCを脱落させられたときは爽快だったりもしました。

 一プレイの時間が短めで、手軽に遊べるのも良いところ。いつか友人たちと、ちゃんと遊んでみたいですね。