久道進の日記帳

文芸同人サークル「Whatnot」活動報告/諸諸感想・レビュー等

9月7日に

 9月7日は、友人たちとのアナログゲーム会でした。遊んだゲームは、友人のレフリー(GM)による「トラベラー(株式会社雷鳴版)」です。「トラベラー」はずっと遊んでみたいと思っていたのですが、なかなかその機会がなく……今回、「トラベラー」の経験者でもある友人にレフリーをやってもらえることになったので、遊べることになったわけです。

 ルールブックは私も持っていたので、キャラメイクは事前に自宅で。話には聞いていましたが……生存判定失敗による、キャラメイク中のキャラ死亡が本当に起きるものなのですね。今回、完成せずに殉職したキャラクターが数名いたりします。生存・任官・昇進の判定結果や、獲得した技能によって、キャラクターの人生が出来上がっていき、イメージも固まっていくのが面白いですね。出来上がった私のキャラクターは……裏仕事ばかり任された結果、世情には詳しくなったものの、まるで出世できずに除隊することになった商人、といったものでした。

 シナリオの方は……前の仕事のトラブルにより、ほとぼりが冷めるまで別の星系に移ることになったPCたち。軽めの物資輸送と販売でお金を稼ぎながら、しばらくは大人しくしていようと思っていた矢先、とある宗教団体によるものと思われるトラブルに巻き込まれることになってしまい……といった感じのものでした。

 初めて遊ぶゲームということもあってか、ちょっと手探りしながらのゲームとなりました。大人になったせいもあり、なかなか大胆な行動もできず、情報集めにも四苦八苦してしまったり。学生の頃のゲームでは、怪しい施設があったらすぐ侵入・調査したものですが……今は、なかなかそういったプレイはできませんよね。

 星を移って新たな人と出会い、調査の依頼を受けて再び元の星へ……といったところで、今回は一先ず終了。星系全体の問題に関わる、想像していたよりも大きな事件となりそうです。

 次回は、もうちょっと大胆にいこうと思います。